SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

水泳コーチの業務や働き方【スポーツ業界で働く人たち】

スイミングスクールか、フィットネスジムか

水泳コーチとはそもそもどのような仕事を行うのでしょうか。

泳ぎ方を指導する。それはもちろんのことですが、それ以外にもスイミングスクールであったら子供たちに心構えや精神論的な指導を行うなど、先生としての役割も持ちます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

また、フィットネスクラブで指導をするコーチは体力の向上や太りにくい身体を作る指導をすることが目的なので、泳ぎ方を教えるといっても目的が変わってきます。

それだけでなく、デスクワークなどの事務作業、水泳施設の管理、時にはクラブの経営に関わったりなど業務は非常に多岐に渡ります。

水泳コーチの働き方は主に「スイミングスクールで正社員として働く」「フィットネスジムの正社員として働く」の2種類があります。

1つ目のスイミングスクールで働く場合は、会員の方々は「水泳」を習いに施設に訪れます。全体的に年齢層が若く、本格的に水泳を習いたいというお客さんも訪れるため、技術的な指導がメインで教えることとなります。

それに対して2つ目のフィットネスジムで指導を行う場合は、会員の方々は運動不足の解消やダイエットなど様々な目的で施設に訪れるため、一人一人の目的に沿った指導が必要になります。

そのため水泳に関する指導だけでなく、総合的な運動に関して指導をする場合もあります。

「水泳」という競技を専門的に指導したいのか、総合的な運動でお客さんのサポートをしたいのか、それらによって就職先は変わってきます。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。