SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

プロのサッカーのコーチになる方法とは!?【スポーツ業界で働く人たち】

多くは日本サッカー協会公認の指導者資格を持つ

一言でコーチといっても、それだけで生計を立てているプロコーチもいれば、副業や週末だけのボランティアコーチもいます。今回ご紹介するのは、プロのサッカーコーチになる方法について。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

サッカーの指導だけで生計を立てているコーチの多くは、高校や大学までサッカーのプレー経験のある人たちです。

アルバイトとして大学時代にサッカースクールで指導し、そのまま正社員として就職するコーチもいれば、新卒で専門学校や大学を卒業後、求人に応募してコーチになる人もいます。

求人は求人サイトや各クラブ、スクールのホームページに掲載されています。

しかし、多くのクラブやスクールは十分に利益を生み出せていないことが多く、コーチのクラブ募集はOBや知り合いの紹介でコーチを確保していることも多いのが現状です。

プロのサッカーコーチの多くは日本サッカー協会公認の指導者資格を持っています。

資格はキッズリーダーや、d級ライセンスから順にc級ライセンス,b級ライセンス,a級ライセンス,日本代表監督に必要なs級ライセンスとあります。

求人にこれらの有資格者(ライセンス保持者)を条件としていたり、有資格者を歓迎する傾向があります。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。