SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈野球ポジション解説〉ファーストの守備における役割

守備機会が多いポジション

 一塁近辺を守るファーストの一番の役割は、他の守備選手からの送球を受けて、一塁において走者をアウトにすることです。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

 そのほかにも、一塁に走者がいる場合はピッチャーの牽制球を受ける役割を持っています。

 一塁で走者をアウトにするという役割から守備機会が多く、守備において重要な役割と言われています。

 プロ野球でも、ファーストのポジションには守備があまり得意でない選手や外国人選手が多くいるため簡単だと思われがちですが、ミスが許されない大切なポジションです。

 ショートやサードがせっかくファインプレーをしても、ファーストがきちんと捕球ができないとそれまでのプレーが無駄になってしまいます。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。