LOVE SPORTS

成果を上げるリーダーになる心得は?【人を動かすリーダー力】

Text:新 将命

「ATM」を心がけて仕事をしよう

部下に良い仕事をさせるには、まずリーダー自身が仕事を楽しんでいなくてはなりません。

私は、これまで多くの社長と会ってきましたが、彼(彼女)らに共通することがあります。

それはATM(明るく、楽しく、前向き)だということです。

「FUNでなければいい仕事はできない」

これは、私がかつて日本法人の社長を務めたジョンソン・エンド・ジョンソンの総本社の元CEOジェームズ・バーク氏の言葉です。

FUNとは、楽しむという意味です。

リーダーが暗くて、不機嫌で、ネガティブであっては、部下が前向きに頑張ろうという気持ちになるはずもなく、それでは部署の業績も上がりません。

リーダーたるもの、自ら努力して意識的にATMであるべきです。

そのためには、下図に挙げたように「思考」「声」「姿勢」「表情」を意識して変えましょう。

ATMを習慣化するために、言葉づかいにも気をつけてみましょう。

否定的、消極的な言葉は、できるだけ使わず、肯定的、積極的な言葉を選んで使います。

「○○したいと思います」という言葉は、一見問題ないように聞こえますが、「思います」というのは中途半端です。しっかりと、「○○します」と言い切るようにしましょう。

部下への「頑張れ」という言葉は励ましのように聞こえます。しかし、部下に押し付けているようにも聞こえますので、「頑張ろう」と寄り添う言い方に変えるべきでしょう。

【出典】『面白いほど役に立つ 図解 人を動かすリーダー力』
著者:新 将命  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
新 将命(あたらし まさみ) 株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長。1936年東京生まれ。早稲田大学卒業。シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスなどグローバル・エクセレント・カンパニー6社で社長職を3社、副社長職を1社経験。現在、ライザップグループ株式会社など数社のアドバイザーを務める。「伝説の外資トップ」と称され、“実論”にもとづいた独自の経営論・リーダーシップ論には定評がある。


部下が付いてこない。どうしたらいい?チームをやる気にさせるには?リーダーにふさわしい話し方は?チームの力を最大限に発揮させる!伝説の外資トップが伝えるリーダーの仕事術。職場のリーダーとして、部下や上司など、人を動かし、結果を出すスキルをわかりやすく図解しました。仕事のさまざまな困ったことを即解決し、スキルアップするノウハウが満載です。メンバーのやる気の引き出し方から、部下の育て方、業績アップの方法、勉強時間のつくり方まで、デキる人になる最強の法則が身に付きます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内