LOVE SPORTS

テスト前日なのに急に机周りの整理を始めてしまうのはどうして?【ヤバい心理学】

Text:神岡真司

目の前の現実から逃げたい思いの表出

大事な試験の前日なのに、思ったよりも勉強が進んでいない。普通であれば一夜漬けでもなんでもして少しでも粘らないといけない状況にも関わらず、なぜかおもむろに部屋やデスクの整理を始めてしまう人がいます。

なにもいまやらなくてもと思いますが、実はこれは心理学で「セルフハンディキャップ」と呼ばれる行為。その名の通り、自分で自分にハンディを課すというもので、試験に対する不安や恐れの表れ。

うまくいかなかったとき、傷ついたり落ち込んだりしないように、自分自身を納得させる材料を用意しているのです。この状態に陥らないためには、やはり日々の努力が大事。しっかりとした準備ができていれば不安も解消され、安定した気持ちで試験に臨むことができるはずです。

また、自分の本音から目を背そ むけて自分自身を騙だ ましている状態だと、なにかをしようとした際、無意識に妨害する意図が作用し、異なる行動をとってしまうことがあります。

これは心理学では「錯誤行為」と呼ばれるもので、何度もミスを繰り返す人はこの状態に陥っている可能性が……。こういう人は要注意。思い当たる人は、一度自分の内面を見つめ直してみる必要があるでしょう。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 ヤバい心理学』

【書誌情報】
『図解 ヤバい心理学』
監修:神岡真司

「ヤバすぎる」心理ツールだけを厳選して解説し、35万部の大ヒットとなった『ヤバい心理学』が、最新の心理ツール&コンテンツを携え、オール図解化で“進化”して登場!「他人の言動の裏に潜む『心』の正体を知りたい」「自分や相手の気持ちや考えのベースになっている『本音』を理解したい』−−−−数多ある心理学のツールの中から、「これだけは絶対に知っておきたい」という重要度A級の「ヤバい」コンテンツだけを、図解でわかりやすく、また内容もパワーアップして、こっそりあなただけにお届けします。最新かつ身近で関心の高いテーマをあらためて追加、厳選した「実践的で使える心理学」の決定版 !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内