LOVE SPORTS

  • HOME
  • SPORTS LAB
  • プロのほとんどがやっている飛球線後方から見たクラブさばきとは?【サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法/坂元龍斗・関西テレビアナウンサー】

プロのほとんどがやっている飛球線後方から見たクラブさばきとは?【サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法/坂元龍斗・関西テレビアナウンサー】

Text:坂元龍斗

グリップエンドを見せるクラブさばき

プロのほとんどがフォローでグリップエンドを見せる

プロのドライバーのフォロースルーで、ほぼ全選手が同じ形になっているところがあります。それは、クラブが地面と平行になったとき、飛球線後方から見るとグリップエンドが見えることです。一方、ほとんどのアマは、グリップエンドが身体に隠れてしまいます。このような違いが出るのは、プロは目標に対してスクエアに構え、目標にヘッドを出しているのに対し、アマの多くは右を向いて構え、クラブを引っ張り込んでいたり、クラブが自分を追い越していないからです。

飛球線後方から見たクラブさばき

【これがプロ】グリップエンドが見えている

【これがプロ】グリップエンドが見えている『サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法』

正しいクラブさばきをしていればグリップエンドは後方を指す

ヘッドを目標に向かって真っ直ぐ出せば、フォロースルーでは後方からグリップエンドが見える。

【これがアマ】グリップエンドが隠れている

【これがアマ】グリップエンドが隠れている『サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法』

クラブを左に引っ張り込むと、グリップが後方から見えなくなる。アマにはこういうフォローになる人が多い。

出典:『サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法』著/坂元龍斗

【著者情報】
●坂元龍斗
関西テレビ放送アナウンサー。早稲田大学卒業後、関西テレビ放送に入社。報道リポーターなど本業の傍ら、趣味であるゴルフのYouTubeチャンネルを開設し、日々探求を続ける。ベストスコアは76。

【書誌情報】
『サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法』
著者:坂元龍斗

関西テレビ現役アナウンサーでありながらアマチュアゴルフYoutuberでもある坂元龍斗氏の初書籍。ゴルフへの探究心、アマチュア目線、アナウンサーだからこその表現力により、今大きな注目を集め、理論や動作解説の分かりやすさがNo,1との声も上がるゴルフYoutuberであり、アマチュアゴルフファーだからこそ伝えられる読者側の視点に立った新たなゴルフ実用書。本書のコンセプトは「無駄な球を打たず動画を撮ってプロとガンガン比べろ!」。限られた時間とお金の中で、練習内容をどのように効率化し、どのように効果を最大化させているか…。本書ではそのコンセプトを元にチャンネル内で好評な練習法をより詳しく解説し、著者ならではのアマチュア目線や実体験からの感想を随所に取り入れ、同様にチャンネル内で人気コンテンツとなっているプロとアマの違い、比較も取り入れ、上達の「気づき」を散りばめた内容となる。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事