SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

練習場シングルがコースでアイアンをミスる理由とは!?【キープレフト理論 実戦強化編/和田泰朗】

Text:和田泰朗

ダフリ、トップを止める!
タイミングがとれる力感で振り
ハンドファーストで打とう

アイアンの悩みでもっとも多いのは、ダフり、トップ。続いて、飛ばない、長い番手でボールがつかまらず短い番手でヒッカケる、といった感じだと思います。

いずれの場合にも共通するのは、ハンドファーストで打てていないこと。ここからは、まずその部分を修正し、次にラウンドでよく遭遇する状況でミスしないためのポイントを紹介していきます。

はじめにやっていただきたいのは、打つ前にターゲットを明確にすること。アイアンはコントロールが命ですから、目標に向かって打つ意識が欠かせません。

ミスの主因は、ボールにばかり集中して上体が突っ込んでダフる、飛ばないからとボールを上げにいってトップするなど、自分のことばかり気にして力が入り、タイミングよく振れないから。

特に練習場で打てるのにコースで打てない人は、この傾向が強いと思います。

しっかり打とう、ちゃんと当てようとボールを意識しすぎると
力が入って上体が突っ込みダフる

飛ばそう、あるいはボールを上げようとすると
体が早く起き上がったり、ヘッドアップしてトップに

【書誌情報】
『究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編』
著者:和田泰朗

ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。本書のスイング論である「キープレフト理論」は、クラブを体の左サイドにキープして振る考え方。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージで、スイングを「吊り子運動」を考えている。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、スイングの動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーに、ぜひすすめたい。本書は、2019年に刊行した『究極のシンプルスイング キープレフト理論』に続く著書。前作のテーマ「スイング作り」を、今回は「スコア作り」に変え、「キープレフト理論」を駆使したラウンド実戦法写真を多用してわかりやすく解説する。この理論の考案者・和田泰朗プロは、世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。また、2020年には女子プロのトーナメントを運営するなど、その活動が注目されている。