SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

一歩上のレベルに到達できるクラブの重さが感じられるスイングとは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

ヘッドの重みを感じてショット

まず、ヘッドを地面から少し浮かせた状態でグリップします。次に、目を閉じてヘッドに意識を向けてみましょう。少しずつグリップの力を抜いていき、ヘッドの重さを感じることができたなら、それが最適なグリップの力加減です。

その力加減のままスイングしてみましょう。ヘッドの重さを感じないようなら、それは力が入りすぎている証拠。ヘッドの重みを感じられるくらいまで、力を抜いてみましょう。

グリップを握る際、「クラブが手の中でグルグル動いてはいけない」と言われますが、人間の仕組みとして「ダメ」と言われるとより一生懸命に握ろうとしてしまうもの。グルグル動かしてもいいつもりで握ってOK。手の中で遊ぶくらいでないとクラブをやわらかく握ることは難しいからです。

これはクラブの重さを感じているかどうかにもつながってきます。私もそうですが、レッスンプロは生徒さんに「クラブの重さを感じていますか?」と質問することがあります。

それに対して「感じています」と答える生徒さんもいますが、恐らく本当に重さを感じている人はほんのひと握り。日頃からクラブの重さを感じてクラブを振れるようになれば、あなたはライバルより一歩上のレベルに到達したと言えます。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。