SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

すくい打ちを撲滅させる片手打ち練習法とは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

右手でボールを地面に投げつけてすくい打ちを撲滅

すくい打ちが直らないアマチュアの方にやっていただきたいドリルです。

やることは簡単で、右手でボールを持ってスイングするイメージで動くだけ。その際、打つボールがあると思われるところから、そのやや先に、持ったボールを投げつけます。要は右手で地面に向かってボールを投げる。ボールを投げるつもりで動くだけでも構いません。

すくい打ちは、この過程でボールを上に投げるように動くことで起こります。これとは反対に、ボールを地面に投げつけるように右手が動けばボールをすくう動作は出ない。スイングもこのイメージでやってみましょう。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。