SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ツマ先下がりのショットのポイントとは!?【和田泰朗のキープレフト理論状況別対処法】

「キープレフト理論」式 ツマ先下がりのショットのポイントとは!?

 

ツマ先下がりの傾斜で普通に構えるとクラブのトウが浮き、ソールをすると手元が浮きます。

この解決方法はフェースを開くこと。ヘッドを寝かせて傾斜にフィットさせたら、フェースを目標に向くまで右に向けます。

その分、スタンス、身体ともにオープンにします。

つまり、左に向いていくので、左足上がりの状況になります。逆に言えば左足上がりになるまでオープンにします。

スウィングも左足上がりと同じになります。

ただし、フェースをかなり開くのでロフトが寝ますのでクラブの番手は2番手ほど上げます。そして、目標の左に振り抜きます。

スライス系の高い球になりますので、これを頭に入れてショットしてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●和田泰朗
1976年生まれ。スポーツ医学、ゴルフトレーニングを学び指導者に。2013年に世界的なプロ団体 WGTF(世界ゴルフ教師連盟)で会員38000人中1%しかいない「マスター」資格を取得。独自のキープレフト理論が認められ同団体のトップ100にランクされた。著書に『世界が認めた究極のシンプルスイングキープレフト理論」(日本文芸社)がある。