SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アプローチ・ショットのポイントとは!?【和田泰朗のキープレフト理論状況別対処法】

「キープレフト理論」式 アプローチ・ショットのポイントとは!?

 

クラブと身体をヨコの関係にし、上腕体側で左サイドにクラブをキープして身体の回転で打つ「キープレフト理論」の基本は、アプローチ・ショットでも変わりません。

クラブが短くなる分アドレス時のチルト(上体の右傾き)が大きくなり、右肩がかなり下がったアドレスに感じますが、それでOKです。

この構えで打つとダフリそうな気がしますが、ダフるのはクラブをタテに使うから。

クラブと身体がヨコの関係のまま動けばダフリませんので、ダウンスウィングではクラブを背中側に落とすイメージで動いてください。

このようにしてボールを打つと、自然とハンドファーストになりフェースもターンしてミスの少ないショットになります。

アプローチ・ショットのボール位置は、状況によって変わります。

ですので、素振りで芝を擦り、クラブのソールが擦った位置にボールが来るように構えてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●和田泰朗
1976年生まれ。スポーツ医学、ゴルフトレーニングを学び指導者に。2013年に世界的なプロ団体 WGTF(世界ゴルフ教師連盟)で会員38000人中1%しかいない「マスター」資格を取得。独自のキープレフト理論が認められ同団体のトップ100にランクされた。著書に『世界が認めた究極のシンプルスイングキープレフト理論」(日本文芸社)がある。