SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPの為にテークバックで大事なこととは!?【菅原大地のサイコースウィング/ゴルフレッスンプラス】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で人気急上昇中の菅原大地。第2弾となる今回は、スウィング編。「サイコー(=最大効率)スウィング」で飛ばすための身体の動かし方をマスターして、大きな飛距離を手に入れよう。

肩が45度回ったところでテークバックは終了!!

●腰を過ぎたあたりからクラブは惰性で上がる
テークバックでもうひとつ大事なことは、トップまで目一杯クラブを振り上げようとしないことです。なぜなら、トップまで肩を回し続けると、クラブを身体で戻すことができなくなり、振り遅れてしまうからです。具体的には、手が8時の位置、クラブが地面と平行の位置、肩の角度で言えば約45度まで回ったら、テークバックは終了のイメージで。振り上げたクラブは急には止まれないので、そのまま惰性で上がっていきますが、その部分はコントロールする必要はなく、クラブが行きたいほうに行かせておけばOKです。とにかく、自分の力で上げにいかないことが大事です。

●クラブが地面と平行になるまでがテークバックのイメージで
クラブが地面と平行になるまで勢いよく上げたら、あとは惰性に任せる。その間に、下半身は切り返しに向けての準備を始める。そうすることで捻転差も大きくなる。

●トップまで上げると振り遅れてしまう
アマチュアゴルファーの中にはトップまでクラブを上げようとする人がいるが、トップから切り返すと、身体を使ってクラブを戻すことができなくなり、結果的に振り遅れてしまう。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ