SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スウィングの乱れを防ぐラウンド中のストレッチとは!?【中村俊介のコンディショニング講座】

スウィングの乱れを防ぐラウンド中のストレッチとは!?

 

ラウンド中も、後半になるにつれて体幹や下半身が徐々に硬くなってきます。アドレスが崩れたり、捻転が浅くなるとスウィング=ショットの乱れを招くので、プレーの途中、途中でワキ腹やモモ裏を伸ばすストレッチを取り入れてください。

●ワキ腹のストレッチ
足を前後に大きく開き、クラブを両手で持って上に上げます。息を吐きながら、前に出した足側に上体をゆっくり倒していき、反対側のワキ腹を伸ばします。左右交代で5回ずつ繰り返します。

●モモ裏のストレッチ
クラブを地面につけ、両手で持って身体を安定させます。左足を1歩前に出してツマ先を上げた状態から、息を吐きながら、左ヒザをしっかり伸ばしてお尻を後ろに下げる。5回繰り返したら、同様に逆側の足も行います。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【出演者情報】
●中村俊介
筑波大学大学院でスポーツ医学を学び、2006〜09年に片山晋呉プロの専属トレーナーを務める。その後は各種競技の代表選手のトレーニング、コンディショニングを指導。現在はJLPGA ツアーに帯同し、女子プロのコンディショニングを行う。東京・港区に2020 年7月にオープンした「LinkPerformance Studio」(http://link-inc.tokyo)ではヘッドトレーナーを担当