SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

年齢を重ねてもスポーツやアウトドアを思いっきり楽しめる体になる為にすべきこととは!?【体幹の話】

Text:木場克己

バランスのよいブレない体はけがをしにくい

電車に乗り遅れそうになったので走ったら転んだ、急に飛び出してきた自転車をよけようとして捻挫をした、子どもの運動会に出て走り、派手に転倒してしまったなど、働き盛りの世代でも思わぬときにけがをすることがあります。

日常生活が不自由になって仕事にも支障をきたし、楽しみにしていた休日も台無しにしてしまうけが。できることなら避けたいですね。

体のバランスが崩れたときに踏ん張れずに転ぶ、あるいは捻挫などにつながってしまうのは、体幹が弱くなっている証拠です。さらに、体がゆがんで筋力のバランスが崩れていたり、筋肉の柔軟性が低下していたりすると、些細なことでもけがをしやすくなります。

体幹トレーニングは、体幹の筋力はもちろん、柔軟性やバランス力を高めることを目的としています。日常生活で意識的に使うことのないインナーマッスルが目覚めると、体のバランス力が高まります。

すると、体の中心に一本の芯が通ったような、ブレない軸をつくることができます。体幹部が安定して、多少の揺れや衝撃ではびくともしない体へと変化します。

筋肉同士の連動もよくなり、あらゆる動作もスムーズになって、反射的に危険を回避できるようになります。思わぬけがをすることもなく、日常生活からスポーツ、アウトドアまで思う存分楽しめるでしょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 体幹の話』
著者:木場克己

新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、何かと家にいる時間が多くなっているため、運動不足や食事量の変化により、肥満になったり、筋力低下によって太りやすくなったりする人が多くいます。そこで、ダイエットや健康のために非常に重要になるのが体幹力。その言葉は聞いたことがあっても、実際鍛えると普通のアウターマッスルの筋トレと比べてどう良いのか、その効能と効果的な鍛え方などを図解・イラストでわかりやすく紹介します。大人も子供も楽に動けるようになり、さらに太りにくい体になる最強の方法など、今日から使える知識が満載です!