SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

朝イチのティーショットで思い切って手の力を抜くと、驚くほどスイングに変化が生まれる理由とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編1/三觜喜一】

Text:三觜喜一

クラブを強く握って放った朝イチのティーショットの結果とは?

◎右肩がかぶっていないか確認しよう
朝から力みまくっている人をよく見ますが、これは当然ミスショットにつながってしまいます。

もし力む癖があるなら、ウォーミングアップのつもりでクラブをぶらぶらと左右に連続で振って、慣れてきたらスピードを上げていきましょう。

こうすることで、クラブを左右にスムーズに振れるときのグリッププレッシャーを確認していくことが大切です。

どうしても構えているうちに力が入っていきますので、まずはターゲットを見ながら楽に連続素振りをして、クラブがスムーズに動き、なおかつクラブの重さや遠心力が感じられるようなグリッププレッシャーを見つけてください。

いざ打つときには、その強さを変えないようにアドレスに入ると、リラックスした状態でスムーズにスイングすることができます。

多くの人は朝イチのティーイングエリアでクラブを強く握っています。

強く握ることによって見るからに硬いアドレスになっています。朝からすっと自然体で立っている人はそれだけでゴルフが上手に見えますので、ぜひ見習いましょう。

グリッププレッシャーという、目には見えにくい部分ですが、スムーズにクラブを振った力加減ですっとアドレスに入っていくと、実際のショットでもクラブがスムーズに動いてくれると思います。

アマチュアはグリップを強く握って手でクラブを操作している場合が多いのですが、これではスピードも出ませんしスイングプレーンにも乗りません。上達を阻害している大きな理由なのですが、本人は強く握りすぎていることに自覚がありません。

ですから一度、思い切って手の力を抜いてみてください。それによってもたらされるスイングの変化に驚くと思います。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本が登場! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけると、それがコースでどのように活かされるか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。ドライバー、アプローチ、パッティングをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロのワザが見られる! B5判の大きな紙面、248ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内