SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ドライバーショットのバックスイングでの右肩の位置が成否を決めるワケとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編1/三觜喜一】

Text:三觜喜一

バックスイングでボールと右肩の距離をしっかりとる

アマチュアの多くはバックスイングしたときに、ボールとグリップの距離があまりにも近くなっています。

そうするとかなり意識的にルーピング(クラブを回す)をして距離をとってあげないと、クラブが外から入ったり、体が突っ込んでテンプラやダフリになる、というエラーが起こります。

特にドライバーは長いのでスイングも速くなりますから「早く当てたい」という意識が強くなり右肩の入りが浅くなる人が多いのです。

たとえば目の前のボールに対して、近くにバックスイングするよりは、遠くにバックスイングするほうが当たりそうな雰囲気が出てくると思いますが、実際はそうはなりません。

特に右肩がしっかり入ってボールと右肩の距離がとれてくると、思い切り振ってもボールとクラブヘッドがぴったり合いますが、ここの距離がとれていないままボールに向かっていくと、通常は窮屈になるのでインパクトで起き上がったりとか、そのまま突っ込みながら打ってひっかけスライス、といったことになりやすいのです。

ですから、バックスイングでボールと右肩の距離をしっかりとることを重視してください。

ドライバーは地面に当ててはまずいクラブなので、体とボールの距離をとることがジャストインパクトの条件となります。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本が登場! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけると、それがコースでどのように活かされるか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。ドライバー、アプローチ、パッティングをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロのワザが見られる! B5判の大きな紙面、248ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内