SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ショートアイアンのシャンクを防ぐ究極のアドレスとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

右足つま先を飛球線後方に向けてアドレスする

ショートアイアンになると突然シャンクが出る人がいますが、その理由はクラブの根っこにボールが当たっているからですね。

本来腕が通るべきルートに対して外側を通っているということです。

なぜ30ヤード50ヤードといった中途半端な距離になると出るかというと、大きな理由は通常のショットよりもバックスイングが小さいからです。コンパクトなバックスインだと打ち急ぎやすく、すぐに当てにいくことができるので腕の通り道がズレてしまうのです。

フルスイングはしっかりバックスイングしないと球が飛ばないので、自然と切り返しに間ができるのですが、グリーンが近いとターゲットに意識がいくので右サイドがボールに近づいてしまうのです。

つまりシャンクの原因は急いで体が回ろうとすることで、その結果クラブが外から下りてきてしまうからです。

ですから、シャンクが出たら右肩がボールに向かうことができない体勢を作る、究極的には右足のつま先を飛球線後方に向けてアドレスすることです。

思い切り飛ばすことはできませんが、物理的に右肩がボールに向かうことはできないので、シャンクがどうしても止まらないときに試してみてください。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内