SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

極端なつま先下がりで効果を発揮するアドレスの取り方とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

左を向き左足上がり斜面を作って対応する

ドライバーが左に大きく曲がって、第2打が極端なつま先下がり斜面からになることがあります。

この斜面ではバランスを保つのが難しく、スイング中前につんのめってしまうことが多くなります。

球は基本的に右に出やすいのですが、それを想定して左を向くのがポイントで、左を向くことで左足上がりの傾斜を作ることができます。

左を向いて左足上がり斜面ということはさほど右には曲がりませんので、そのまま打つと左に飛んでしまいます。

そこでフェースを開いたり、ボールを右に置くことで調整し、フェースが返り切る前にインパクトしターゲット方向に飛ばします。

左足上がりにしてボールを通常の場所に置くと球が高く上がりすぎて距離をロスするので、ボールを右に寄せるのは重要です。

そうすることで中弾道の、ロフト通りの球を打つことができます。

ゴルフトーナメント中継をよく見ると、プロはこのように打っていることがわかると思います。

ターゲットラインにスクェアに立つ選手はいないはずですが、これは前後の傾斜を斜面の傾斜に変えて打っているんです。

左右の傾斜は対応できますが、前後の傾斜は対応が難しいので、前後にならないポジションで構えることが急な斜面における一番のコツなのです。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内