SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右方向へのミスの原因となっているアドレス時の左肩の見え方とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

いい当たりで右に飛ぶなら右を向いていることを疑う

右方向へのミスショットの原因はいくつかのパターンがあります。

当たりはいいのにいきなり右に飛ぶ人はアドレスで右を向いていることが考えられます。

ゴルフではアマチュアの80%以上がターゲットの右を向くと言われるように、一緒に回った人に「右を向いているよ」と言われたことのある人は多いと思います。

そこで右に向かないコツですが、アドレスしてターゲットのほうを向いたときに、視界に左肩を入れないことです。

逆に言えば、視界に左肩が入っているい人はまず間違いなく右を向いているといっていいでしょう。

われわれプロは構えて目標を見たときに、自分の肩は一切視界に入ってきません。

ところが多くのアマチュアは左肩がうっすらと見えているんです。

それは自分の体はかなり右を向いているサインなのですが、この方法でチェックすると、読者の中にも右を向くことが基本になっている人がかなりの数いるのではないでしょうか。

うまく打ったら当然右に飛びますから、こういう人はナイスショットしてもターゲットに飛ばず、ミスだと思ってしまいますね。

またピンが自分の体に対してクロスして見えるので、左にクラブを振ってしまうパターンもあります。

実際、右を向いて左に振ってスライスしているアマチュアが非常に多いので、気を付けたいポイントです。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内