SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

無駄な1打を減らす、ラフの芝目を見極めて打つポイントとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

ボールのライに逆らわないことが大前提

ラフに入ったボールは浮いているか沈んでいるかの判断が重要ですが、芝目を見極めることもショットを成功させる重要な要素です。

たとえばピン方向に対して芝目が斜めに向いている状況があります。ターゲットラインに対して芝が左手前から右奥に生えているような場合ですが、当然インサイドからクラブを入れれば順目になってクラブが振り抜きやすいのに対し、アウトサイドから入れると逆目になるので芝の抵抗を受けます。

というようにプロならば当たり前のように考える芝目について、アマチュアは割と無頓着で、打った後に気づいたり、そもそも芝目の影響でミスしたことに気づかないのですが、レベルアップをするためにはぜひとも知っておきたい要素です。

基本は芝目に沿ってクラブを振り抜くということで、インサイドからクラブが入れやすいのであればドローボールで攻めるということになります。

ホールロケーション的にはフェードで攻めたい状況だとしても、芝目がそれを許さない場合もあるわけで、それらを踏まえながら球筋を選択するのが上級者のゴルフです。

夏場のラフなどは特に芝の影響が強いので、芝の向きをよく見ることをおすすめします。ボールのライに逆らわないことがゴルフの大前提であり、状況の中でミート率の高い方法を選択していくことが無駄なストロークを費やさないことにつながります。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内