SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アイアンで高い球を打つ際の右肩の動きとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

右肩をボールの右サイドにしっかりと残す

グリーン面が見えない打ち上げのパー3ホールなど、プレー中には高い球を打たなければならない状況がありますが、その方法を知らないとただすくい打ったりしてミスにつながりますので、知識としてしっかり押さえておきたいところです。

ティーを高くするというのは誰でも行うことですが、それだけでは不十分。

ダウンスイングで右の肩がボールの右に残り続ければ続けるほど弾道は高くなることを知ってください。

ところが実際には右肩が先に出てしまい、体が開いた状態でボールをとらえるケースが非常に多く、これだとただ右に飛ぶ球になってしまいます。

右肩を出していくのは低い球を打つときの動きであり、高い球を打つなら右肩をボールの右サイドにしっかりと残すことが必要です。

それには視線をボールの右に置いていくことです。そうすることで体が側屈し、見た目にも高い球が出そうなスイングになります。

くれぐれも、自分で球を持ち上げにいかないでください。それではまともなスイングにならず、ミスになるだけです。

視線を右に残し、右肩を右に残しながらクラブを縦に振り抜いていきましょう。

打ち上げの状況だと顔も早く目標方向に向きがちですが、それを我慢して、打ち終わった後にはじめて球がどこへ行ったかを探すような感覚でショットするようにしてください。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内