SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

フェアウェイバンカー・ショットのミスを防ぐ鉄則とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

ダフリを避ける3つの重要なポイント

フェアウェイバンカーのショットで最もやってはいけないのがダフることです。ハーフトップぐらいでは問題ないので、まずはダフらないことが重要です。

そのためには、まず足元を深く埋めてしまわないことです。地面が体に近くなりすぎてダフる要素が増えてしまうので、多少固定するぐらいにとどめましょう。

また通常のショットではヒジにゆとりがありますが、あまりゆとりがあるとダフる危険性があるのでクラブヘッドは浮かしますが、フェアウェイバンカーのショットでは、腕に多少張り感を持たせて構えます。

ダフる人の多くはクラブをボールにきっちり入れたがりますが、クラブフェースをしっかり旋回させればバンカーだろうがフェアウェイだろうがダフる可能性は少なくなります。

フェースターンが身に付いていない場合は、フェースをやや開いておくとそのままだと右に飛んでしまうという意識が働くのでフェースを返しやすくなると思います。

ということで、①足を深く埋めないこと ②腕にゆとりを持たせすぎないこと ③しっかりとクラブを旋回しながら打つことがポイントとなります。

確実にボールにコンタクトしようという気持ちからか、打って終わりという人も多いのですが、必ず最後まで振り抜くようにしてください。

そうすることで最悪なダフリのエラーを防ぐことができます。

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内