SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アマチュアの方のほとんどがアドレス時にすることとは!?

Text:和田泰朗

二点吊り子で構えると前傾は二次的要素になる

やっていただくとわかりますが、右にチルトすると体を前に倒すことなく、斜めのクラブを斜めに持つことができます。

アマチュアの方のほとんどは、アドレスする際に前傾の仕方や前傾角度にかなりの注意を払っていますが、そもそもアドレスは前傾あってのものではありません。クラブが短くなるほど、アドレスではヒザを曲げて重心を落とさなければなりませんし、手の位置も下げなければいけません。前傾するのはそれを行った結果であって、前傾ありきではないのです。

ゴルファーなら誰でも感じることですが、軸は垂直に近いほうが回転運動はしやすいですから、前傾は少ないほうがいいに決まっています。

振り子スイングのイメージをもって前傾ありきで構えると、軸となる背骨は前に倒れます。これに対し、二点吊り子でクラブを持ってチルトを入れると、軸はおもにヨコに倒れます。

二点吊り子で構えるにしろ、二重振り子で構えるにしろ、クラブは斜めの棒ですから、軸との間に生じるギャップをどうするかという問題は生じますが、振り子の場合は前傾軸に対して直角に肩を回す、とかいうことになる。そこにもうひとつの振り子が絡んできたら、もう何が何だかわかりません。

もちろんキープレフトでも軸に対する回転により近づけることは重要ですが、二点吊り子の場合、前傾は二次的要素。チルトするだけで背骨の軸に対してクラブが直角になりますから、そのまま斜めの棒を斜めに振れば、軸に対して肩のラインが 度に保たれます。

その理由はチルトが入って四角形が平行四辺形になったから。右側屈のぶんだけバックスイングで回転していったときに左肩が少し上、右肩が下になるだけ。さらにインパクトでは向きが変わるので左手が上になり、右手が下になる。そもそもが前傾軸に対してピボットターンする=体を捻って飛ばそうという発想ではないのです。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。