SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ホットコーヒーで腸から得られる幸せ物質とは!?【自律神経の話】

Text:小林弘幸

ストレス解消&血流アップにも

心身の疲れを癒し、自律神経の安定に役立つのが1杯のホットコーヒー。朝の目覚めに温かいコーヒーを飲むと、コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を活性化し、眠気を覚まし気分をすっきりさせてくれます。

交感神経の高まりにより気持ちが高揚するため、ストレス解消にも効果的。気分が落ち込んだときの気付け薬にもなります。

けれどもコーヒーの効能はカフェインだけではありません。末梢血管を拡張させる作用や抗酸化作用といった血流アップ効果のほか、大腸のぜん動運動を誘発するので便秘解消、腸内環境の改善にも効果を発揮するのです。

また特筆すべきは、主に腸壁で作られるセロトニン、またはドーパミンといった幸せ物質の分泌量を増やす効果があるということ。

これはハーバード大の研究で実証されており、同大の調査ではコーヒー愛飲者はうつ病患者が少なく、1日2~4杯飲む成人は男女とも自殺リスクが半減するとの報告もあります。

ただし、コーヒーは飲めば飲むほどよいというわけではありません。フィンランドの調査では、1日8~9杯飲む人は自殺リスクが逆に増加するとの報告が。

さらに、カフェインのとりすぎは自律神経のバランスを乱す危険性も……。適量は1日2~4杯、アイスではなく腸を温めるホットコーヒーがおすすめ。また、寝る前の3時間は避け、なるべく日中に飲むようにしましょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話』
著:小林弘幸

シリーズ累計発行部数130万部突破!心身ともに健康であるために最も重要な『自律神経』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!メンタルとも深い関わりがあり、乱れていると身体の不調を感じる人も多く、これまでも注目を浴びてきた自律神経。人間の生命活動における働きの中で重要な“自律神経”とは、そもそもどういうものなのか、また、“乱れてしまう”と出てくる症状の話や、即効性もある超カンタンな整え方、さらに最近多い『ネットで自分の症状を調べると不安になる』という悩みの対処法まで、初心者にもわかりやすく、専門医が全て解説します。原因不明の頭痛、肩こり、腰痛、不眠、過呼吸、めまい、動悸、息切れ、吐き気、慢性的な倦怠感など、病院で検査しても血液検査は正常だし、原因がよくわからない…という不安を抱える人の症状の改善にも貢献できる一冊です。