LOVE SPORTS

泣いたからっておもちゃは必要なし!泣いている赤ちゃんが本当にして欲しいこととは?【賢い子は1歳までの眠りで決まる】

脳が発達途中の赤ちゃんは眠りのサインを見逃してしまいます

賢い子が育つポイント
●神経が発達途中の赤ちゃんは情報を取捨選択できないため、眠りのサインをじょうずにキャッチできません
●赤ちゃんが泣いたら静かな場所で同じ動きを繰り返し、眠りに集中できるようにしてあげましょう

これまで赤ちゃんが自分が眠りのタイミングにあわせてすんなり寝られない理由を解き明かしてきましたが、実はもうひとつ、関係していることがあります。それは、赤ちゃんと大人の睡眠の根本的な違いです。大人にとって眠りに落ちるのはごく自然なことでしょう。赤ちゃんと同じように寝つくまであやさないといけないとなれば大変なことです。そのため、自然に眠れないとなれば、なにかの病気をわずらっている可能性があり、治療が必要だと見なされる場合も少なくありません。

こうした大人に対して小さな赤ちゃん(とくに6か月未満)は、広範囲にわたって神経が発達している真っ最中にあるため、自分で眠りにつくことができません。これについてはすでにお話ししたとおりですが、改めて「新生児の脳は大人の脳とは違う」、そう覚えておくとよいでしょう。脳の発達が完了した大人の場合、まわりの世界を知覚する方法が変わることはまずありません。わたしたちはまわりの世界やそこにあるものについて、即座にたくさんのことを理解します。どの音や景色、においに注意が必要で、注意が必要でないのかを認識しています。

たとえば、人で混みあったにぎやかな場所にいても名前を呼ばれればすぐに気づく一方、食後に眠くなってソファーに横たわるとキッチンから聞こえてくる冷蔵庫のモーター音や、体にかけた毛布の肌から伝わる重さ、そして食べものを消化するおなかの動きなどを無視することができます。こうした大人と異なり赤ちゃんは、目や耳から入ってくる無関係な、または意味のない知覚情報を無視することができません。どの情報が重要で、どの情報が無視してよいものかを学ぶには、日々、まわりの世界にあるあらゆるものに接して、経験を積み、取捨選択していく必要があります。この点が、新たにお伝えしたいことなのです。

エンジニアはよく「信号対雑音比」という言葉を口にしますが、これはもとの信号音に対してどれだけ雑音が生じるかを示す比率で、数値が大きいほど良好な状態を示しますが、たとえるなら大人と同じ環境で生活する赤ちゃんはこの数値が低く、赤ちゃんのまわりには「雑音」のような神経信号がいっぱいだといえます。よって赤ちゃんは脳に浴びせられるありとあらゆる知覚情報を受けとり、すべてのデータを理解しようとがんばるしかないのです。赤ちゃんが、そんな情報の洪水のなかで、脳が送ってくる「もうすぐ寝る時間ですよ」という信号、つまり眠りのサインに気づくのは大変なことです。赤ちゃんは疲れて眠いときでも、目に見えるものや肌ざわりなど接して得られる情報のひとつひとつに注意が向いてしまうのをとめられません。

わたしたちは想像することしかできませんが、眠りたいと思っているのに自分ではどうにもできないなんて、赤ちゃんはどれほどのフラストレーションを感じていることでしょう。これはまた多くの赤ちゃんが眠いと泣く理由のひとつにもなっています。赤ちゃんが泣いたら、「きっと退屈しているのだろう。楽しませてあげなくちゃ」と考えるべきではありません。赤ちゃんは音のでるおもちゃやカラフルなベッドメリーなどまったく必要としていないのです。まずは赤ちゃんを静かなところに連れていき、前後にゆらゆらさせるなど同じ動きを繰り返して、子どもがこうした動きに集中し、心を静められるようにしてあげましょう。

睡眠を専門とするプロフェッショナルが考案した賢い子を育てる新メソッドとは?

子どもを賢く、強く育てたい人にオススメの一冊。本書で提案するのは「NAPSメソッド」という、全米各地での講演と実践を重ねた方法論です。著者は長年研究機関に身を置く、睡眠を専門とする神経科学者「ポリー・ムーア」。
ムーア博士は、脳の眠りのメカニズムをはじめ、脳細胞や睡眠障害の治療法など、脳を熟知した専門家であり、睡眠に対する強い関心とすべての患者の睡眠を改善しようとする熱意はこの上なく、多くの支持を集めています。

1

この本のなかでポリー・ムーア博士は、小さな子どもの夜泣きの原因が不十分な睡眠にあることを解き明かし、赤ちゃんの睡眠が認知力や情緒的発達の要であることを説いて、自然によく眠れるようになる「NAPS(昼寝)メソッド」を紹介しています。

NAPSメソッドを使えば、赤ちゃんに自然に眠る準備が整い、認知力や情緒的発達に必要な睡眠を十分にとれるようになります。

過剰な知育はむしろマイナス! 良質な睡眠が学習能力を決定づける!

過剰な知育はむしろ子どもにとってマイナスとなりうることをご存じですか。睡眠が十分でない子どもは、成長するにつれADHDなど重大な問題に見舞われることも。

赤ちゃんにとってみれば、世界全体が未知のものであふれています。特別なことをしなくても、たくさんのことを学ぶことができます。

自分の手足を眺めたり、家族の声を聞いたり、安全で単純なおもちゃや身のまわりの日用品で遊んだり、キッチンからただよう夕食の香りをかいだりするだけでも、そこには学びがあります。そうです、赤ちゃんの脳に必要なのはいうまでもなく良質で十分な睡眠です。できるだけたくさん寝かせてあげましょう。

2

ぐっすり眠ることで、赤ちゃんの脳は新しく得た情報を処理し、記憶し、すでに得ているほかの情報と組みあわせることができるようになります。
睡眠は、赤ちゃんが自分にとって新しい経験がどんな意味を持つのかを理解して、知識として定着させるのを助けるのです。赤ちゃんには凝った仕掛けのあるおもちゃや知育レッスンなど、過剰な刺激を与える必要はありません。

成績だけじゃない?集中力や注意力のある子どもに育てる方法とは?

長いあいだ昼寝をさせてもらえなかった赤ちゃんは、睡眠と覚醒のリズムの波がなくなってしまい、寝ているときも起きているときも同じような状態になり、どっちつかずのまま、きちんとものごとに集中したり、周囲に注意を払えなくなります。
そして眠りのサインもはっきりしなくなってくるので、親は寝かせる必要がないとつい思い込んでしまいます。

しかし、そうなってしまっても、昼寝の習慣はとり戻せるので安心してください。NAPSメソッドを実践してよい睡眠習慣と集中力や注意力が身につくようにしましょう。
数日家にいて、NAPSメソッドをきちんと使えば、赤ちゃん独特の眠りのサインがわかるようになります。そして、まわりの刺激に触れさせないようにして、眠りにつくのを手伝うとよいでしょう。

3

集中力や注意力のある子どもに育てるためにも、昼寝は必要です

つらい「夜泣き」もなくせる「NAPSメソッド」とは?

赤ちゃんはおなかがすくだけでなく、神経系が未発達なために泣くのです。
かすかな覚醒状態にあるとき神経学的システムチェックが行われ、不均衡が生じてうっすら目が覚めてしまい、なんとか睡眠状態に戻りたくて、助けを求めて泣くのです。

昼寝を十分していない赤ちゃんの場合、さらにやっかいです。昼寝で発散されるべきエネルギーがたまったままなので、神経系がよけいにイライラしやすく、不安定な状態だからです。
夜中に目覚める回数やしっかり起きてしまう場合がより多くなるもこのためです。

NAPSメソッドはN・A・P・Sの4ステップにわかれており、どの段階も簡単で、赤ちゃんによい眠りを提供できます

NAPSメソッドの効果は、実際に試して赤ちゃんが日中によく寝ると機嫌がよく、夜もさらによく眠ることを発見するまで理解できない人もいます。
まずは試してみることです。赤ちゃんは自然に眠って目覚め、十分に休めていることでしょう。

メソッドは大変簡単で、たった4つのステップがあるだけ、子どもの睡眠を記録するだけ。イレギュラーな例にも丁寧に回答しています。

4

本書はそのNAPSメソッドを1からご紹介。生涯にわたって重要となる集中力、情緒の安定、コミュニケーション能力ものばす、本当に優秀な子を育てる育児を学んでみませんか?

【書誌情報】
『賢い子は1歳までの眠りで決まる』
ポリー・ムーア 著

睡眠を専門とするプロフェッショナルが考案、自分の子どもで実践し、さらに全米で実績を積んできた「NAPSメソッド」。これによって、子どもに良質な睡眠を与え、夜泣きを改善し、乳児期に学習能力を飛躍的に発達させることができます。メソッドの方法は非常に簡単で、子どもの睡眠を記録するだけというもの。生涯にわたって重要となる集中力、情緒の安定、コミュニケーション能力ものばす、本当に優秀な子を育てる育児書。子どもの睡眠障害を防ぐこともできます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内