SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミート率が上がり、出球が安定する「ノーリストターンスウィング」の打ち方とは!?【板橋繁のノーリストターンで飛ばす!G1スウィング】

世界標準のスウィング
ノーリストターンで飛ばす!G1スウィング

著書「科学的ゴルフ上達法』が驚異の売れ行きを見せる板橋繁プロの「G1スウィング」。ベン・ホーガンのスウィング理論に端を発するこの「G1スウィング」は我々日本人ゴルファーの知っている“スウィング”とはまったくの別物。でもそれが欧米では常識、世界標準のスウィングなんです。これから紹介するメソッドは、信じられないようなものばかり。スウィングの革命です。

世界標準は右手が常に下

世界標準のノーリストターンスウィングはスウィング中「右手が常に左手の下にある」と言いましたが、日本標準のリストターンスウィングもダウンスウィングの途中までは右手は左手の下にあります。違うのはここからです。 クラブが腰の位置に来たとき、日本標準スウィングはそこから手元側(グリップ)を止めて手を返すことで右手が左手の上になり、ヘッドがグリップを追い越します。

そのとき、クラブは「上回り」しています。この上回りスウィングはヘッドが大回りするので(つまり大きな曲線を描くので)ボールまでの移動距離が長くなり、必然的にミート率が下がります。 前述したフェースコントロールが難しい理由の1つもそこにあります。逆に、世界標準スウィングは右手が下にあり続ける「下回り」スウィングです。イメージでいうと、切り返しからフエースではなくフェースの「裏面」をボールに向けるような感覚。この下回りスウィングはグリップがヘッドを先行し続けるのが大きな特徴になります。

バックスウィングでできた形のまま、右手が左手の下でグリップが左 (目標方向)、ヘッドが右 (後方)の状態でインパクトを迎え、インパクト後もそのままグリップがヘッドを先行し続けます。つまり、グリップが止まることなくかなり大きく動くのです。グリップが動くとミート率が下がると思われる方もいるかもしれませんが、それは逆。グリップを積極的に動かすことでヘッドが最短距離、つまり最もストレートに近い軌道でボールに向かうのでミート率が上がり、出球が安定するのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。