SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

上田桃子も指導を受けた「氣」の授業とは!?【スウィングの真髄/辻村明志】

Text:辻村明志

私たちの身の回りは、 「氣」で充ち満ちている

スポーツ界では技術力向上のために、データ解析など科学的なアプローチが主流になりつつあります。ゴルフの指導現場でも、科学技術は日進月歩の勢いで進歩しており、選手がボールを打った瞬間に飛距離やヘッドスピード、打ち出し角や初速、スピン量、さらに弾道が、すぐさまコンピュータでチェックできるようになっています。私自身、そうした最先端の科学技術を駆使しては、選手をコーチングしている者のひとりです。

さて、そんな時代にあって「氣」などというと、時代錯誤もはなはだしいという方もおられるでしょう。また、氣は目には見えるものではありませんから非科学的だと眉に唾し、なかにはオカルトだ、おかしな宗教のようだと怒り出す人すらいます。

そうした考えや意見について、私は真っ向から否定するつもりはありません。なぜなら荒川博先生と初めて会ったとき、いや出会ってからしばらくの間の私が、まさに抱いていた感想そのものだからです。ですから私は、「氣」の存在を信じろというつもりもなければ、その威力や効果をことさら強調するつもりもありません。

ただ、信じようが信じまいが、私たちが氣に包まれて生きていることは間違いありません。たとえば私たちが使う日常会話のなかでも本気、根気、意気、元気、気持ち、気合い……。また無意識のなかであっても、充たしたり、散らしたり、配ったり、鎮めたり、ときに落としながら暮らしているのが日本人ではないでしょうか。

氣は、意識しなくても私たちを包み、支配している酸素(空気)や重力のようなものです。まだまだ私は荒川博先生のように、十分に氣を理解しているわけではありません。ですが、氣に少しばかり意識を持ち、氣を少し活用したことで、私や私の指導する選手たちのゴルフが変わったことには気づいています。

【書誌情報】
『ゴルフのトップコーチが教えるスウィングの真髄』
著者:辻村明志

上田桃子、小祝さくらプロをはじめ、女子のトッププロたちをコーチしている本書の著者・辻村明志氏。王貞治選手の一本足打法を作り上げた故・荒川博氏に師事し、ゴルフ指導に取り入れたことは有名だ。本書は、荒川氏から受け継ぎ、コーチングに活用している「氣のスウィング理論」を解説するもの。「氣は心を動かし、心が氣を動かす」という、同氏の考えに基づき、氣の力をゴルフスウィングに活かすことを目的に、その方法をイラストと写真を使いわかりやすく紹介する。