SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

朝イチのティーショットで心がけたいスイング動作とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編1/三觜喜一】

Text:三觜喜一

朝イチのティーショット②

◎一連のスピードでフィニッシュまでしっかりと振ろう
朝一のティーショットではあくまでも「クラブを振る」という前提にしてください。振った結果ボールが飛ぶ、という因果関係でなくてはなりません。

当てようという意識と動作が結果として体をボールに向かわせてしまいますし、いきなり体勢を崩してドひっかけやとんでもないスライスになったり、それ以外にも球を上げにいったりとか、インパクトにおけるいろいろな心理的要因がクラブの挙動に現れてしまうのが朝イチのショットです。

そうならないためには、アドレスをとったらとにかくフィニッシュまで振り抜いてバランスよく立つということを心がけてください。

まず事前に必ず素振りをします。しっかりと一連のスピードでフィニッシュまでいって、クラブが体にぶつかるところまで振る。

そこで自分のボールが落下するまで見ていられるぐらいの力感で打つようにしてください。

そうすれば、いきなり手先で当てにいくというエラーがかなりの部分防げます。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本が登場! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけると、それがコースでどのように活かされるか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。ドライバー、アプローチ、パッティングをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロのワザが見られる! B5判の大きな紙面、248ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内