SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ドライバーショットで体がボールに近づくと起こるミスとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編1/三觜喜一】

Text:三觜喜一

なぜダウンスイングでボールに近づいてしまうのか?

ドライバーショットはティーアップをしていますし、ティーイングエリアも比較的平らなので、振るぶんに関してはそれほど難しさはありませんが、ティーアップしていることによって他のクラブとの違いが多少出てきます。

クラブヘッドが下に入りすぎてしまえばテンプラになりますし、浮いてしまうとトップになります。

またアマチュアは、特にボールに対してポジションが近いところで打ってしまう傾向があり、これもミスショットの大きな要因です。

実際問題としてボールから離れてとらえる人は少なくて、ボールに近づきながら打つというエラーが圧倒的に多く、それゆえにドライバーショットが苦手になってしまうことは否めません。

アイアンショットの場合は仮にボールに近づいても芯には当たります。

ただ単にクラブが深く入っていくだけなので「ターフが深くとれたな」というぐらいで、大きなショットの差はそこまで出ないのです。

ところがドライバーショットの場合は、深く入りすぎるとダフったりテンプラになったり、そもそもボールが全然上がらなかったりと、いろいろなエラーになってしまいます。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本が登場! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけると、それがコースでどのように活かされるか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。ドライバー、アプローチ、パッティングをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロのワザが見られる! B5判の大きな紙面、248ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内