SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ボールを意識しすぎるとドライバーショットをミスしやすくなる理由とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編1/三觜喜一】

Text:三觜喜一

目線を管理すればドライバーショットはうまくいく

スイングをするときにボールに意識が行きすぎる人がいます。

意識しすぎるとボールをまともに見てしまいますが、見れば見るほどボールに当てたくなってしまい、それがミスにつながることも少なくありません。

ただ、ドライバーに関してはボールよりもクラブを見ている人が多い気がします。

テークバックの際にクラブの挙動に目線が行ってしまって、ボールから目が一瞬離れてしまう人がけっこう多いのです。

それでもうまく打ってる人はいますが、目線がいったんボールから切れてしまうと、再びボールを見に行ったときに、体が早めに突っ込んだりするとエラーになりやすいので注意が必要です。

バックスイングではクラブの挙動を追わずにボールを見て、ダウンスイングになったらボールの右に目線をずらしてみてください。

こうすることで、体が開かない強いインパクトが迎えられると思います。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本が登場! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけると、それがコースでどのように活かされるか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。ドライバー、アプローチ、パッティングをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロのワザが見られる! B5判の大きな紙面、248ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内