SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アプローチのダフリをなくすために意識するフィニッシュの形とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編1/三觜喜一】

Text:三觜喜一

体が突っ込むと上から見下ろすようなフィニッシュになる

どんなに短いクラブでもスイングの支点がボールを追い越さないことが大事です。

支点が右に残ったまま打つと簡単にボールを拾うことができます。

このことを含めて、うまく打てたか打てなかったかは打った後の形で判別することができ、体とクラブの分離ができていない人は突っ込み気味になって、正面から見ると体のシルエットが「く」の字のようになりボールを上から見ています。

逆に分離がうまくできていると側屈が入りますからシルエットは円弧になり、ボールを低いところから見ている形になるのです。

このようにフィニッシュでボールをどのように見ているかがポイントで、高い目線で見ている人は分離ができていない証拠ですし、正しく分離ができる人は前傾姿勢がキープできているので、ボールを下から見るフィニッシュになります。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本が登場! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけると、それがコースでどのように活かされるか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。ドライバー、アプローチ、パッティングをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロのワザが見られる! B5判の大きな紙面、248ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内