SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ショートアイアンのひっかけをなくす打ち出すラインの取り方とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

ターゲットラインの右に打ち出さないとターゲットには飛ばない

ショートアイアンのショットで左にひっかかる、という人が比較的多いものです。

これはもちろんフェースがかぶるのが原因ですが、自分ではかぶせるつもりがないのにもかかわらずかぶってしまう要因がそこにはあります。

たとえばボールとターゲットを結ぶターゲットラインに対して、球の飛び出す方向が右に見えてしまうという事実があります。

これは出球に角度があるからで、真後ろから見ればどちらもターゲットに向いているのですが、ボールを打つゴルファーから見ると2つのラインは一致せず、ターゲットラインよりも出球のラインがかなり右に見えてしまうのです。

逆に言えばターゲットラインが左に見えるのでその方向にクラブを振ってしまい。フェースがかぶるのですね。

パターであればターゲットラインと打ち出しラインが一致するので問題ありませんが、出球に角度がつくほど、つまり短いクラブになればなるほどターゲットラインの右に打ち出さないとターゲットには飛ばないことに気付く必要があります。

ですからコースでは打ち出す目印(スパット)を地面ではなく空間に設定し、球がターゲットまで飛んでいく軌道を意識してそこに出球を乗せてあげることが大事です。

慣れていないうちは球が右に出たように感じるはずですが、それでターゲットに飛んでいく経験が重なると違和感がなくなります。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内