SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

バランス良くフィニッシュがとれる、アドレス時の足指の位置とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

足の裏の重心位置が影響している可能性が大

練習場では当たり前にフィニッシュがとれても、コースだと前のめりになったり、後ろにのけぞったりとスイングの最後が変な体勢になってしまっている人は少なくありません。これはバランスが崩れているからです。

ここではバランス良くフィニッシュをとるための方法を2つ紹介したいと思います。

1つめです。アドレスしたら靴の中で足の指10本をすべて浮かせます。

こうすると両足の母指球に体重が乗り、その状態のままクラブを振るとバランスが崩れずしっかりとフィニッシュがとれます。

これは体重が指先やかかとにかかりすぎるとバランスが崩れるからで、指先が浮いていると前に行くのを防ぐことができます。

フィニッシュは左足かかとに重心が移動するのですが、コースだとどうしても重心が前にいってバランスを崩したり体が突っ込んだりしてしまう人が圧倒的に多いので、それを防ぐために指を浮かせて重心を母指球に集めるわけです。

実際にやってみるとわかりますが、かなりバランスよく振ることができます。もちろん右足の指先は最終的に地面につきますが、左足の指先は地面に触れることなく最後まで振るように心がけるとバランスの良いスイングになります。

コースでどうしても突っ込んでしまうようならおそらく、足の裏の重心位置がかなり影響しているはずなので、指先を浮かせて素振り、あるいは実際に打つことをためしてみてください。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内