SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

左足上がりで「斜面なりに立つ」が必ずしも有効とは言えない理由とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

斜面なりに立つか立たないかがポイント

左足上がりの斜面でのショットでよく言われるのが「斜面なりに立つ」ということですが、もしそうするなら目的を持たなくてはなりません。

たとえばボールを高く打ち上げてキャリーを出したいときや、ロングアイアンなどのボールを上げにくいクラブを使う場合には、斜面なりに構えることで斜面を利用するという方法があるわけです。

このとき重心が右にかかりやすいので、そのまま右体重でインパクトしてしまうと、かなりの確率で大きく左にひっかけます。

ですから、この左足上がりの斜面では「ターゲットにボールを飛ばす」ということを前提に打ち方を選択したほうがいいと思います。

となると、地軸に対してまっすぐ立って打つという方法が有利になり、そのほうがクラブのロフト通りにインパクトできますし、平らなライと同じように打てるのでミスの確率も減ります。

よってロングアイアンなどで砲台グリーンに向かって打つ場合を除いては、斜面なりに構えることはおすすめしません。

地軸に対してまっすぐ立つと左ヒザが深く曲がるのでスイングしたときに邪魔になります。

これは窮屈なスイングになったり、体重が右に残ったまま振る原因になるので、あらかじめ左足を少し引いておきましょう。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内