SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

極端なつま先上がりではアーム角を保って打つことが大事な理由とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

クラブヘッドのトゥ側を浮かせて当てる

ドライバーが右に大きく曲がって極端なつま先上がり斜面に行ってしまうことはよくあります。

下手すれば空振りしてしまうような状況です。

この状況での打ち方のポイントはアドレスしたときのアーム角がインパクトでキープできているかどうかであり、それをクリアすればこの斜面はさほど難しくありません。

ただダウンスイングでヘッドが自身の重さで落ちてしまいやすく、そうなってしまうとまったく打てません。

ですから振り下ろしてきたときに横からアタックしクラブを立たせることが大事です。結局クラブを回すという動きなのですが、このイメージで打つとさほど苦もなくクリーンヒットできるはずです。

このときの感覚はグリップエンドを股間に入れるような感じで、当然クラブは回っているのですが、インパクトで少しシャフトを立たせる感覚を入れます。

私がよく言う「L(エル) からI(アイ)」(ダウンスイングで腕とクラブで作る角度の状態を「L」とし、ここからインパクト後のフォロースルーで腕とクラブが一直線「I」になる動き)の感覚も大事ですが、この状況では「LからL」のイメージで打ってください。

コツはクラブのトゥ側を浮かせて当てることで、そのためにはクラブを引き付ける動作が必要です。

また、左を向いて左足下がりにしてしまうのも大事なテクニック。

まともに構えると前後の傾斜の影響でバランスが崩れやすいので、左を向いて左足下がりの傾斜を作り、ボールを右に寄せてフェードのイメージで打てばいいでしょう。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内