SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

右方向へのミスを招くフェースが開いてしまう真の原因とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

まっすぐ構えていても右に飛ぶなら必ずフェースが開いている

ターゲットに対してまっすぐ構えているのにもかかわらずボールが右へ飛ぶ人もいます。

こういう人は間違いなくフェースが開いていて、インパクトしたときにフェースが開いていれば当然ボールは右に飛び出し、それ以外の原因はありません。

フェースが開く人はスイングの初動でいきなり腕を右に旋回してフェースを開く、いわゆる「右ハンドル」をやっている可能性が高いです。

ダウンスイングで開くというよりも、スイングの前半部分でフェースが開いてしまい、最後まで閉じることなくボールを打っているのです。

もしそのパターンであれば、テークバックの際、クラブのソールで芝をすってみてください。

フェースを開いてしまうと芝はすれませんが、手をまっすぐ引いてクラブを閉じ気味に使うと、ソールが芝をすりながらテークバックできるので「シュッ!」という音をさせながらスイングを始めてください。

それだけでもフェースを開く動きを抑制することができます。

イメージが沸かない人は、クラブが物凄く重いと想定してみてください。たとえば100キログラムあったら手先では上げられないはずです。

芝の上を滑らせて勢いをつけるでしょうが、そういう感覚で上げていくとフェースが開かなくなります。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内