SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミスを防ぐ、フェアウェイの沈んだボールを打つコツとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

ボールの下にクラブヘッドが入るように

ティーショットでせっかくフェアウェイをとらえても、ボールが沈んでいる場合があります。

沈んでいるとボールの下にクラブヘッドが入るスペースが少ないので、どうしても上っ面に当たりやすくなります。

結果はトップもしくはチョロ。ミスの出やすい状況ですが、それと気づかず当たり前のようにフェアウェイウッドを持ったりするアマチュアは多く、ミスしても自分のせいだと思いがちです。

また、そもそもフェアウェイウッドはうまく打てる確率が低いことを知りません。

ですからボールが沈んでいるときは、フェアウェイウッドを持つという選択はなくしたほうがいいでしょう。そしてアイアンで打つにしても普通に打ったらボールが浮きませんので、ボールに対してある程度の入射角が必要です。

このときフェースをまっすぐ当てようとすると体が起き上がり、この状況だとノーチャンスになります。

コツとしてはフェースは少し開くことです。開くことによって腕の旋回量が増えてきます。

旋回量が増えるほどクラブヘッドはボールに対して鋭角にアタックするので、開いたクラブヘッドを通常よりも強めの旋回で戻してあげると、沈んだライでもボールの下にクラブヘッドが入っていきます。

手元が低くなるようにインパクトすると、きれいにボールが上がって距離を稼ぐことができます。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内