SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ティボット跡の手前の縁のボールの打ち方のコツとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

ボールは左に置きフェースを開いて打つ

不幸にもナイスショットがディボットに入ってしまうことがありますが、ボールが手前の縁にくっ付いてしまうとさらに難しくなります。

手前の地面が高すぎるのでまともにコンタクトするのは難しく、バンカーの目玉ショットに近いイメージで打っていかないと球は飛びません。

クラブを鋭角に入れるので球は低く出ますが、高さを出したい場合はフェースを開くことが必要です。

知識のないアマチュアがやりがちですが、ボールを右に置いてハンドファーストに構えるとより上がらなくなりますので、ボールを左に置いた上でフェースを開きそのままカットイメージで打つと、なんとか球を浮かすことができます。

高い技術が必要ですので、アベレージレベルならピッチングウェッジなど短いクラブで打つことをおすすめしますし、ローハンデの方は勇気を持ってボールを左に置き上からコンタクトしていきましょう。

最悪なのは上体が突っ込んでダフリチョロになったり、ボールを上げようとしてボールの頭を叩くということで、まずは脱出を優先し、距離を稼ぎたいならフェースを開きカットに打ちます。

右プッシュアウトのイメージでボールが飛ぶので、そのぶん左を向くことを忘れないでください。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内