SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

極端なつま先上がりのバンカーショットのポイントとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

右を向いて大胆に腕とクラブを旋回させる

つま先上がりのバンカーショットを苦手としているアマチュアは多いと思います。

傾斜が急ならなお難しく、砂を取りすぎてザックリになりやすいライです。

ちょっと傾斜のあるバンカーショットなどと思ったら大間違い。知らずにミスを重ねている人も少なくないはずです。

なぜ難しいかというと、ボールがかなり高い場所にありますし、ボールの下がすべて砂なので、クラブヘッドがちょっと手前に入ってもまったく飛ばないということになってしまうからです。

ボールを飛ばすのは非常に難しく、いわゆる「出ただけ」になりやすい状況です。

このライのコツは、まずクラブを短く持つことと、フェースをやや開いておき強烈に腕を旋回させることです。

少しでも面を感じてまっすぐ当てようなどと思うと大ダフリになってしまうので、思い切ってクラブヘッドを旋回させましょう。

強烈に手を返すのでボールは当然左に飛びますから、そのぶん右を向いておきます。

少しでも躊躇するとダフりになりますので、大胆に腕とクラブを旋回してください。

打った後グリップエンドが後ろの人に見えるぐらいのイメージで打つと、まともにボールを飛ばすことができます。

クラブの動きが止まった瞬間に大ダフリのミスが決定してしまいますので、とにかくクラブを動かし続けることを徹底してください。

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内