SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ダウンスイングは右股関節を動かさずに足踏みする感じ!

Text:和田泰朗

右股関節を動かさずに足踏みする感じでダウンスイング

ダウンスイングは右サイドを軸に回るため、右足が大事になります。右上腕を体側につけて回れれば右ヒザは伸びず斜めのまま。これによってクラブを斜めに下ろせます。

それとともに右股関節にも注意を払っていただければベストです。早い話が、右股関節を動かさずに体を回すこと。左サイドへの体重移動を考えるとできませんから、その位置で左に回る感じでOKです。

回転運動で回すのは胸郭。胸郭を回すには骨盤を回さなければならず、骨盤を回すにはフットワークが必要ですが、キープレフトにおける回転とは向きを入れ替えることですから足踏み程度で十分です。

ただ、ツマ先側に体重が乗っているとこれが難しくなります。体をドアにたとえるなら、右足のカカト内側を起点に体を開閉するイメージをもっていただくといいでしょう。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。