LOVE SPORTS

人生の中で一番学習して成長する生後一年目の赤ちゃんがすべき重要なこととは?【賢い子は1歳までの眠りで決まる】

睡眠不足が子どもの学習意欲をそいでしまいます

賢い子が育つポイント
●睡眠が赤ちゃんの集中力と学習意欲を高めます
●人生のなかで一番学習して成長する、生後1年目にこそ、たくさんの睡眠が必要です
●赤ちゃんの脳は睡眠を求めています

ウォーカー博士がいう、赤ちゃんは新しいことを学習しているからこそ、たくさんの睡眠が必要だというのは、具体的にはどうことなのでしょうか。まず、疲れていると、わたしたちはなかなか新しい情報を敏感にキャッチできません。

それどころか、いろいろなことがどうでもよくなりがちです。おそらくだれもが体験したことがあるでしょうが、神経画像検査による研究から、眠いときの脳は、普段より多くのリソースを使わなければならず、効率よく働けなくなることがわかっています。

これは、先ほどからお話ししている睡眠と学習についても同じことがいえます。疲れているとき、わたしたちがどうなっているか、改めて考えて見てみましょう。疲れた状態になると、まわりに十分な注意を払えず、頭も固くなっています。込み入った問題を解決することなど困難です。

これは、目の前のタスクに対する関心が薄くなってしまっているからです。疲れているときに、なにかをなくしてしまったという経験をしたことがあるでしょう。よくいわれるように、これはものごとに対する集中力が散漫になり、注意力が低下している証拠です。

また、どうにもこうにもくたびれてしまって、体中の力を振り絞らないと、簡単な仕事すらできないという経験もあるのではないでしょうか。こういう状況にあっては、よく学んだり、人生を楽しんだりできません。

出典:『賢い子は1歳までの眠りで決まる』

【書誌情報】
『賢い子は1歳までの眠りで決まる』
ポリー・ムーア 著

睡眠を専門とするプロフェッショナルが考案、自分の子どもで実践し、さらに全米で実績を積んできた「NAPSメソッド」。これによって、子どもに良質な睡眠を与え、夜泣きを改善し、乳児期に学習能力を飛躍的に発達させることができます。メソッドの方法は非常に簡単で、子どもの睡眠を記録するだけというもの。生涯にわたって重要となる集中力、情緒の安定、コミュニケーション能力ものばす、本当に優秀な子を育てる育児書。子どもの睡眠障害を防ぐこともできます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内