SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

競争激化のロッテ外野手争いに高部瑛斗はケガを乗り越え割り込めるか!?

Text:徳吉刑事

2020年の新人王は誰の手に!?

新元号“令和初の新人王”は、08年以来11年振り3度目となる両リーグ2年目以降の選手が獲得。果たして今季は「新人王」のタイトル通り、ルーキー勢の逆襲なるか!?

パのダークホースは東都の安打製造機!

パのダークホースには、ロッテのドラ3・高部瑛斗(国士舘大学)を挙げたい。高部瑛斗は〝東都の安打製造機〟として、同リーグ2部の記録(※東京農業大学・陽川尚将(現阪神タイガース)/109安打)を大幅に塗り替える通算129安打をマーク。さらに50メートル5秒8の俊足を併せ持つ、走攻守3拍子揃ったバランス型の野手だ。東海大甲府3年夏に1番・中堅手として甲子園出場も、 当時1年生だった清宮幸太郎(現日本ハムファイターズ)擁する早稲田実業学校に3回戦敗退した。

国士舘大学では1年春から、なんと全試合スタメンでフル出場という鉄人っぷりを発揮。同秋には立正大学・黒木優太(現オリックスバファローズ)からマルチ安打、2年秋には昨新人王のサブマリンこと専修大学・高橋礼(現ソフトバンクホークス)からは2試合で猛打賞含む計4安打1打点1盗塁をマークするなど、後の〝ドラフト上位投手〟を得意としていた。また4年春の専修大学戦では、引っ張って右翼場外へ特大ホームランを放つなど、身長178センチ体重72キロの細身ながら大学通算8本塁打と一発長打を秘める。目下、ロッテの外野争いは 荻野貴司やマーティンに加え、ソフトバンクから福田秀平が FA移籍。さらに高卒2年目の藤原恭大など競争激化だが、果たして高部瑛斗は、この激戦区を制することができるか!?

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!